RW事業(水再生事業)

東日本大地震から4年を迎える今年、復興は進んでいるとはいえ、まだまだ現地の方が安心して住まえる状況ではありません。平成23年9月の台風15号の影響で被災地が広範囲で浸水し、福島第一原発では汚染水上昇等の被害が起きました。
大地震は勿論、原発事故による被爆問題、台風が起因とした放射性物質の蔓延などなど、今後どのくらいの期間で元の生活を取り戻すことが出来るのでしょうか。
私どもは、「自分たちに出来ることはなにか」を自問自答し、ひとつの答えを導き出しました。それは「生きる源の復活」です。福島県をはじめ被爆を余儀なくされた町々には多くの「農業用水ダム・ため池」が存在します。「水」は人が生きていく為の源でもあり、「安全な食」を維持するために必要不可欠なものです。
私どもは公益財団法人 原子力バックエンドセンター様の協力のもと、4工法の中で唯一の「除去工法」である「放射能物質の除去・減容化」を取り入れた工法を採用し、「安全な水の再生」=「リウォーター」を事業化することに致しました。
本工法は、水中の底質を吸引し、その後エジェクターにて底質の細粒分を剥離し、更に篩いにかけ、凝集沈殿により細粒分のみを取り出し、回収する。という工法です。
この工法を用いることで、人・自然の根源である「水」を生き返らすことが、私ども株式会社ジャパンマネジメントが被災地へ貢献できる事業であると確信しております。
お問い合わせはこちら
トップへ戻る
株式会社ジャパンマネジメント会社理念
事業一覧
会社概要
高齢者住宅本舗(これぽん)
新着情報
お問い合わせ